バストアップサプリを飲み続けていると、成長痛のようなバストの張りが感じられるようになってきます。今回はサプリ愛用者の皆さんが気になっている「バストアップサプリはいつまで飲み続ける必要があるのか?」という疑問に対して、詳しく解説していきます。

効果が安定するまで半年~1年かかるのが一般的です

「1~3カ月が一般的」とされるバストアップサプリの効果ですが、その状態をキープできるようになるには、「半年~1年以上の服用が必要」と考えられています。

サプリ愛用者の中には「ちょっとバストが張ってきた!」という状態で安心して服用中止する方々もいるようですが、体内のホルモンバランスを安定させるためにも、最低でも半年は継続服用する必要があるのです。

長期的な服用は金銭的な負担にも繋がることですが、「確実に効果を得る」という明確な目標があれば、治療感覚でサプリメントの継続服用もできることでしょう。

サプリメント服用は、いろんな意味の「億劫」があるかもしれませんが、全てをプラスに捉えて前向きにバストアップに励んでみてください。

サプリの服用を止めたらバストはどうなるの?

早い段階でサプリの服用を中止すると、せっかく体に馴染み始めた女性ホルモンが再び減少し、「バストが萎む」という結果を招くケースもあるとされています。

またバストアップサプリによって女性ホルモンの分泌がスムーズになっている人の場合は「途中で服用を止めてもバストがキープされる」という事例もあるため、服用中止以降の状況変化は「人それぞれ」だと言えるのです。

女性ホルモンのバランスやバストの状態は個人差があるため、このページで断言できるものではありません。

しかし実際は、「サプリ服用を止めてもバストが萎まないケース」もあるため、徐々に服用量を減らしながら自分のバストの状態を観察してみてください。

まとめ

女性の体にさまざまな好循環をもたらすバストアップサプリは、「飲み続けるデメリットが少ない存在」として知られるようになりました。

これまでにない「張り」や「痛み」が出ている時期はバストの成長期と捉えて良い状態であるため、頑張っている胸を応援するつもりで、サプリの継続服用を行うことをおすすめします。

妊娠や婦人科系疾患の女性はバストアップサプリが飲めない状態になりますので、「健康なうちにじっくり服用をする」というスタイルで豊胸に取り組んでみてください。