効果抜群のバストアップサプリにも、「飲まない方が良いタイミング」があるようです。今回は、「風邪をひいている時」というシーンについて、詳しく解説していきます。

プエラリアは植物成分ですが・・

バストアップサプリに含まれる植物性成分「プエラリア」には、薬のように厳しい服用法やルールもないため、利用者の中には「風邪をひいていても飲み続けてしまう」というケースも多く生じています。

しかし実際は、サプリメント内に含まれる「プエラリア以外の成分」が人工である可能性も高いため、風邪薬との化学反応を回避するためにも、なるべく風邪の時には飲まない方が良いと言えるでしょう。

風邪をひいている時はなるべく飲まないで!

風邪をひいている皆さんは、ホルモンバランスの崩れが生じやすい状態となっているため、強烈なパワーで女性ホルモンを補うプエラリアは、なるべく避けた方が良いと考えらえます。

その他の成分についても、風邪の回復を遅延させる結果に繋がることもありますので、体調不良の時は「医師から処方された風邪薬だけ」に集中して服用を行うようにしてください。

風邪をひいている時はバストアップもお休みしましょう!

風邪による発熱が酷い時にはバスト周辺のリンパが腫れているため、普段行っているバストアップマッサージもお休みして、からだ全体を休めるようにしてください。

バストアップサプリやマッサージの効果は、健康な体の方がスムーズに発揮されると言われています。

逆に風邪などの不健康な時期に頑張ることは、ホルモンバランスの乱れなどの副作用を招く要因に繋がりますので、なるべく避けた方が良いと言えるでしょう。

風邪に効く栄養成分はこれ!

風邪をひいている時期にはバストアップサプリをお休みして、体を温める生姜やビタミンCなどの栄養分を補うようにしてください。

普段飲んでいる栄養補助食品があれば、「風邪薬と併用できるのか?」を病院の先生に相談してみてください。

まとめ

総合的な体調不良とも言える風邪の時期には、なるべくバストアップサプリを飲まない方が良さそうです。また他のバストアップ方法についても、可能な限りお休みした方が良いと捉えるようにしてください。

元気な体になればいくらでも豊胸に励めますので、風邪が治るまでの期間は、「バストアップの休憩期間」だと思って安静を保つことをおすすめします。