成長期が過ぎてしまった女の子たちは、もっと大きなバストになりたい願望に駆られているようです。やはりモデルや芸能人に憧れる人も多いですから、胸が大きくてモデルのような体型は憧れがあるはずです。

今回は成長期にバストアップする理由を含めて、学生さん向けの豊胸アドバイスをしていきます。

どうして成長期はバストが大きくなるの?

女の子の成長期は「小学校高学年から中学生まで」とされており、初潮の1年以上前からバストが膨らみ始めるのが一般的となっています。

この時期の女の子たちは女性ホルモンの分泌が盛んになるため、急激なバストアップが起こるだけでなく、「女性らしい体型が作られる」のも成長期の特徴とされているのです。

未成年のバストアップには強い成長痛を伴いますが、良い形で乳房を支えてくれるブラジャーを装用することで、元気にスポーツや部活動に励める人が多いと言われています。

どういう状態を成長期のストップと捉えるのでしょうか?

成長期が終わってしまった女の子は、これまでハイスピードで起こっていたバストアップの勢いもストップし、安定した状態で大人の仲間入りを果たす形となります。

成長痛が起こらなくなった胸は「ほとんど成長していない状態」と言えますので、これ以上自然にバストアップすることは難しいと捉えた方が良いでしょう。

成長期が終わったら大豆イソフラボンを摂取しましょう!

成長期が終わった女の子が更なるバストアップに励むには、穏やかになってしまった女性ホルモンの分泌を促進する方法がおすすめです。

女性ホルモンに似た構造を持つ大豆イソフラボンは、豆乳や豆腐、納豆など「豆製品」から摂取できますので、ぜひ毎日の食生活の中に摂り入れることをオススメします。

また大豆イソフラボンを摂取には、高校生が悩まされている生理痛の改善効果もありますので、健康的な女性であり続けるためにも、毎日コツコツと豆製品を食べることをおすすめします。

学生でもバストアップサプリは買えますか?

バストアップサプリの購入はできますが使用は基本NGです。中学生から高校生の皆さんは女性ホルモンの分泌が緩やかになっているだけで、実際は大人の女性よりも「若干多く分泌し続けている状態」なのです。

そのため、バストアップサプリによるホルモンバランスの崩れが起こりやすいため、「未成年はバストアップサプリを飲めない」というルールとなっています。

まとめ

成長期が止まってしまった女の子たちでも、バストアップに繋がる良策は「たくさんある」と言えそうです。簡単なマッサージやエクササイズをするだけでも豊胸が期待できますので、成長痛が感じなくなった段階でチャレンジしてみると良いでしょう。

ですから、「胸はもう大きくならない」と諦めずに、しっかりとバストケアすることでまだまだ大きくなる可能性は十分にあるというわけです。