貧乳にコンプレックスを抱く女性は、恋愛も奥手になりがちです。今回は多くの貧乳女性が悩みを抱える「カミングアウトすべきか?」という部分のお話をしていきます。

自分からの告白は自虐ネタ!?

会社の同僚や趣味の仲間の前で、「私は貧乳です!」とカミングアウトすることは、絶対に避けた方が良い言動と考えられています。

貧乳の女性は周囲から貧乳を指摘されたらどうしようと不安を抱える傾向がありますが、自ら貧乳について語ると「自虐ネタ」としか捉えられなくなってしまうのです。女性お笑い芸人のようなキャラクターで生きるなら、貧乳をどんどんネタにすれば良いかもしれません。

しかし実際は「ネタにした後の虚しさ」と「周囲にから向けられる「貧乳」というレッテル」に悩まされる結果に繋がりますので、なるべく自分から告白しないようにしてください。

貧乳だけで貴女を嫌う男性は恋愛対象としてNG

貧乳のカミングアウトに悩む女性の多くは、「胸が小さいと男性に嫌われてしまうのではないか?」という不安や恐怖を抱いています。

確かに男性の中には「巨乳じゃないとダメ!」という人もいますが、胸の大小だけで女性を評価する人は、「外見重視」というちょっと歪んだ見方をする方々なのです。

全ての男性にモテたい気持ちもわかりますが、自分が好きな人が「貧乳NG」という傾向が高い場合は、新しい恋愛にシフトした方が良いと言えるでしょう。

小さな努力をコツコツと行うことが大切

貧乳の自分と交際してくれた男性がいるのなら、そんな彼に「申し訳ない」という劣等感を抱く必要はありません。「自分も胸を大きくしたい」と思うのであれば、バストアップマッサージを行えば良いでしょうし、「相手も自分も現状でOK」という場合は特に何もする必要がないのです。

貧乳を真面目にカミングアウトすることは、男性にネガティブな印象を与えてしまいます。告白の仕方を一生懸命考えている時間があるのなら、バストや健康に良いことにたくさんチャレンジしてみてください。

コツコツ努力をしている姿が、男性に「健気で可愛らしい」という印象を与えます。

まとめ

貧乳に関する悩みは、男性に告白する必要はありません。優しい男性は胸の大きさと無関係で女性を愛してくれますので、安心して恋愛に励むように毎日を過ごしましょう。